本文へジャンプ

学会概要

理事長挨拶

「One Step Ahead!」

理事長

一般社団法人
日本歯科理工学会
理事長 今里 聡

このたび、平成30、31年度の日本歯科理工学会の理事長を拝命致しました。浅学菲才の身ではありますが、精一杯努めて参りますので、どうぞよろしくお願い致します。

それなしでは歯科医療が成立し得ない「歯科材料・器械」を研究対象とする本学会は、日本歯科材料器械学会と歯科理工学会が1982年に統合して発足し、今日まで着実に発展を遂げてきました。その一方で、歯科治療のパラダイムシフトや再生医療の躍進、CAD/CAM等の技術革新を背景に、歯科理工学が大きく変貌しようとしていることも事実であります。

そういった、ある意味で激動とも言えるこの時代に、本学会の舵取りをさせていただくうえでの活動の柱となるテーマとして、「One Step Ahead!」を掲げさせていただきたいと思います。これは、現状に満足することなく、日本歯科理工学会がさらに一歩先へと進むことを目指そうという気持ちを表すものですが、ひとりひとりの会員が本学会にまつわる活動において一歩前に進むことを意識することで、その集合体としての学会という組織全体の大きなウェーブを生み出し、ひいては歯科界そのものが一歩先へ進むことに繋がることを期待してのキャッチフレーズです。

そして、平成30、31年度の2年間に取り組む具体的な目標として、

  1. 学術大会の魅力増強
  2. 国内の関連学会との連携強化
  3. 産業界との連携強化
  4. 学会のグローバル化
  5. 委員会活動の活性化

を設定し、これらの実現に向けてフットワーク軽く邁進していく所存です。とくに、関連学会や産業界との連携強化については、単に漠然とした標榜にとどまるのではなく、本学会と関連するさまざまな国内学会や企業等と実質的に協働し、相互にパワーアップを図れるようなアクションを実行していきたいと思います。

「One Step Ahead!」のフレーズのもと、元気な日本歯科理工学会を目指しますので、皆様方のご支援ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ戻る